意外にお金がかかる付属工事

私は住宅を建てていて、意外とお金がかかると思った付属工事があります。それは太陽光発電システムの付属工事です。家を建てる際には、最近ではエコ住宅を建てることによって、税金が免税されるということになっています。このため、太陽光発電システムを屋根に取り付ける家が増えているという説明を受けました。
我が家も、ぜひ税金が安くなる方がいいと思いましたので、太陽光発電システムのパネルなどを付属で着けることにしました。しかし、これは100万円以上の初期投資が必要でしたし、家のお金とプラスで必要になりましたので、まるでオプションのような付属工事だったなと感じています。
こういった太陽光発電システムにお金がかかるということは最初に想定をしていなかったので、後からこういったものがあるということを聞きました。最初は家を建てる際には間取りのことばかりを気にしている人は多いと思うので、こういった部分にお金がかかるということを知っておく必要があると思いました。