キッチンの収納は多くても困りません

キッチンは毎日料理を作る場でもあります。そのため直しやすい、取り出しやすいことが、そのまま料理をしやすい空間へとなります。
家を見るときは、その収納力に目を向けることが大切です。スタッフの方から、これだけ収納するところがありますとアピールされる場合でも、実際にそこに収納するものを想像すると、案外収納が足りなかったりすることもあります。また、食器やコップといったものは、気づかないうちに増えていることもありますので、多めのスペースの確保が必要です。子どもがいる家庭ではほぼ食器は増えてしまいますので、特に注意しなければいけません。
そしてもう一つ注意しなければいけないところが、洗った食器を置く水切りかごをどこに置くのかということです。
今は食洗機がついているところがほとんどですが、弁当箱やタッパなどは食洗機を使うことができませんし、フライパンや鍋、まな板などは食洗機に入れることが難しいです。ですので手洗いは必ず必要になるのですが、その洗った食器をどこに置くのか、その水切りかごを置くスペースはあるのかを確認することは、とても大切なことです。