一戸建て住宅の見えないところは手を抜く?

一戸建て住宅を建てる際は、見えるところはしっかりと作って、そして見えないところは手を抜きたくなるというものでしょう。私にしてもそうでした。そして実際に手を抜いている箇所はあるのです。たとえば、お客さんからは見えないスペース(食品庫、クローゼット内部、書庫)の壁材や床材は、ひとつスペックを落としたものにしたりですとか。
お客さんからは見えないところの資材を節約することによって、もちろん建設費用の節約になりますからね。仕上げ材のランクを落とすことで、見た目的に少し劣るところはあるのですが、けれども機能面においては問題ないというものです。ですから、この場合の「見えないところは手を抜く」は適切であると思います。
ただ、なんでもなんでも「見えないところは手を抜く」のはダメですよ。例えば、壁の中の断熱材は「見えないところ」ではあるのですが、そこはしっかりと分厚いものを入れるべきですから。断熱材こそお金をかけるべきだと思っています。なぜなら、一戸建て住宅自体の保ちの良さにつながりますから。
ですから「見えないところは手を抜く」と言っても、すべてがすべて手を抜いてはダメだということです。とくに家の構造に関わるところでは見えなくても力を入れるべきですから。