売却の事も考えて予めペット対策を

ペットを飼うつもりで、一戸建て住宅を建てるのならば、最初からペット対策をしておくといいですよ。ペット向けの壁紙(汚れがつきづらいもの)などもありますから。それにペットの足にはフローリングは向かないと聞きます。ですから、爪が滑らないやわらかめの床材にするにしろ、カーペットを敷くにしろ、「ペットを飼う家」ならばいくつかやりようがありますからね。
「えー、でも前住んでたマンションでもフツーにペット飼ってたし、家づくりの際は別に気にかけなくても大丈夫じゃん」などと思っていたものですけれど、我が家を設計してくれた工務店さんの話を聞いて受け入れました。
私たち夫婦は、定年退職をして数年後には、今の家を手放してそしてマンション暮らしをしようと考えています。要するに、いずれは一戸建てマイホームを売る予定にはあるのです。だからこそ、工務店さんからのアドバイスがとても心に響いたのです。
「ペットを家の中で飼いますと、壁紙に匂いが結構染みつきますよ」ということで。また壁や床も損傷するそうで。そしてだからこそ、がっつりでなくてもいいので、ペット対策をしておくと家が長持ちするということです。先日も、ペットを飼っていた家を売却するにつきリフォームをしたそうですが、結構直しましたよーということでしたから。ペットによる家の損傷を甘くみてはいけません。ですから事前の対策ですね。